人生は短いのだから

life_is_short

若い人に「人生は短いよ」と言っても、

実感は湧かないだろうし、

「いやいや、まだまだ先は長いよ」って
思うかもしれませんね。

自分の20代の頃を思い出しても、
その頃の係長は30代、課長は40代でしたが、
ずっと先輩、近寄りがたい大先輩に見えたものです。

自分がそんな年になることなんて、
思いもしてなかったような気がします。

ましてや、50代、60代なんて想像外。
かく言う私は、今60代。
想像外の域に達してしまったわけです(笑)

しかし、しかしですよ。

ここに至るまでの、短いことと言ったら・・・
振り返れば、アッという間。

光陰矢のごとしとはよく言ったものです。

人生の経験者が言うのだから
本当だと思ってください。

何がいいたいかと言うと、

短い人生なのだから、
人に迷惑をかけない範囲で、
自分の好きなように生きましょう。

サラリーマンなら、
会社に縛られずに行きましょう。
と言うことです。

独立を目指すのもいいでしょう。

ちょっと前まで、独立するには、
お店を持ったり、会社を作ったりするのに、
数百~数千万円の資金が必要で、
失敗したら、再起が難しかったのですが、

今なら、資金も殆ど要らず、
個人でネットビジネスが出来る時代です。

サラリーマンの特権である安定収入がある時に、
今からネットビジネスを学んで、
その収入で生きていける基盤が出来たら、
独立しましょう。

好きで仕事をしているのならいいのですが、
仕事がきつくて何のための人生が悩んでいるなら、

仕事を変わるか、

もし、何らかの事情で会社を辞められないのであれば、
仕事は辞めさせられない程度にして、
自分の為、家族のための時間づくりを考えましょう。

一度しかない人生です。

最後に「しまった。あの時こうしていれば・・」
と後悔しないためにも、

今の内に、これからの生き方を考えましょう。

私は幸い、
仕事、先輩・同僚にも恵まれたサラリーマン生活を送ってきましたし、
途中で転職も考えることはありませんでしたが、

今の時代はそれも過去の話になってきました。

サラリーマンで終えるのが悪いとは思っていませんが、
これからの時代、黙っていても毎年給料が上がることもないですし、
多くの人が共働きでないと生活自体も苦しい世の中です。

大会社といえども、いつ倒産するかもしれませんし、
安心はできません。

転職するにしても、
どんなところでも通用する実力をつけていないと、
中々難しいですね。

その点、
ネットビジネスは、これからのビジネスです。

まだ多くの人がその価値に気づいていない
今が、始めるチャンスだと断言できます。

 

30歳で結婚したとして、
子供が出来て、幼稚園、小学校、中学校と進み、
高校受験、大学受験と、
あれよあれよという間に50歳~60歳。

これが現実です。

あなたの過去10年を振り返ってみてください。
あっという間ではなかったですか?

自分の将来を自分で変えたいのなら、
今からでも遅くありません。

サラリーマンとして生きていくのなら、
何が起こっても、いつでもどこでも働けるように
ビジネスマンとしての実力をつける勉強をしましょう。

その為には、大前研一も言ってますが、
英語、IT、ファイナンス
の3つは身に着ける必要があります。

或いは、
会社、時間に縛られるサラリーマンを早く卒業して、
自由な暮らしを目指したいという人は、

いつでも自立できるよう、
ネットビジネスの勉強をはじめましょう。

関連記事:

コメントを残す