Amazon輸入、利益計算は出来ているか?

caluc

これが出来ていない人が多いです。

売れたけど、利益が出たのかどうかもわからない
っていう人多いんじゃないでしょうか?

よく無料レポートなどで、
日本と海外の商品価格差だけを載せて、いかにも儲かるような書き方をしているものがありますが、

あんなものに惑わされてはいけません。

そんなレポートを見て、何も考えずに、
日本と海外の商品価格差があるから儲かると
勘違いして輸入する人がいますが、

たとえ売れたとしても、
よくよく計算してみたら赤字だったということになりかねません。

輸入して販売するまでにかかる費用を
しっかり計算した上で仕入れましょう。

この辺がいい加減だと、
利益が出ないのに、手間ばっかりかけて時間の無駄
ということになります。

 

では、Amazon FBAを利用した場合、
どのくらいの費用が必要なんでしょうか?
先ず、以下の計算式を見てください。
(-)はマイナスです。

利益=販売予定価格
-仕入れ価格
-日本への送料
-関税
-カテゴリ成約料
-販売手数料
-FBAへの送料
-出荷作業手数料
-発送重量手数料
-在庫保管手数料

販売予定価格から以上のものを引いたのが、
利益になります。
よく言う価格差は、

(販売予定価格-仕入れ価格)

の部分だけのことですね。

輸送費もバカになりませんし、
Amazonの販売手数料だけでも15%程度はかかります。
それ以外にも、いろいろな経費が掛かるわけです。

 

参考までに、

こちらのサイトで簡易計算が出来ます。
注)ここで入力する仕入れ値は
仕入れ価格+日本への送料+関税の合計です。

販売手数料の詳細はこちら

FBA手数料の詳細についてはこちら

 

関連記事:

コメントを残す