Amazon輸入に失敗はあるもの

fail

最初からウハウハ儲かるなんて、

幻想です。

今稼いでいる人の殆どは、
失敗を重ねながら、次第に稼げるようになっています。

初心者が何の苦労も無く簡単に稼げるとは
思わないことです。

売れると思って仕入れた商品が売れないとか、
売れたけど、価格競争になって、結局赤字とか、
輸送中に商品が壊れたとか箱がつぶれていたとか、
利益計算がいい加減で、実際は赤字だったとか、

その他にもいろいろあります。

Amazon輸入を始めるときは、
そんな失敗もあるということを知った上で、
余裕をもって始めましょう。

 

失敗したとしても、それを乗り越えられるかどうかが、

その後稼げるようになるかどうかの、
最初の分かれ目です。

失敗を恐れていては、先に進みません。

 

でも、
失敗を最小限にしたいですよね。

その為に先人の言っていることに
耳を傾け、
自分なりの成功法則を見つけることです。

皆と同じことをやっていたのでは、
稼げるわけがないです。

如何に差別化するかということが大事。

Amazon輸入でやることは。

  1. キーワード、ジャンルのランキングを参考にリサーチ
  2. 選んだ商品について海外との価格差のあるものを選別
  3. その商品の売れている価格の変動、頻度を
    「Price check」サイトで確認
  4. 利益が見込める商品を仕入れる
  5. 日本のAmazonに出品(FBAがおすすめ)
  6. 売れたら出荷(FBAなら自動)

さて、
この中で特に差別化できるとしたら?

1.のリサーチと
4.の仕入れの部分です。

リサーチについては、
そのやり方はほぼ皆さん同じでしょう。

違うのは、
掛ける時間と仕入れの考え方。

同じことをするのに、
便利なリサーチサイトやプラグインなどのツールを使ってやるのと、
一つ一つ手作業でこつこつやるのとでは、
大きな差が出ます。

 

4.の仕入れですが、
皆同じところから仕入れていたのでは、
殆ど差が出ません。
ということは、
価格競争に脆いということになります。

 

同じ仕入れ先で差が出るとしたら、

思い浮かぶのは、
大量購入で1商品当たりの送料を抑えるとか、
安い転送業者を使うとかでしょうね。

でもそれだと、
大量の在庫を抱えてしまう危険性があるし、
安い転送業者では商品の取り扱いなどに不安があります。

 

最大の差別化は
卸やメーカーなどから仕入れて、
価格競争になっても負けないことです。

差別化にはもっと他にもあると思いますが、

とにかく、

皆と同じことをしないということを
考えながらAmazon輸入をやりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

皆と同じこととは?

リサーチの方法は大なり小なり、
皆同じでしょう。

では、どうやって差別化するのか?

 

 

 

関連記事:

コメントを残す