売る行為の本質はネットビジネスでも変わらない

ダウンロード (10)

商売の本質って単純ですね。

「相手が欲しい(必要とする)物や情報を
提供することで対価を得る」

世の中のビジネスを単純化してみると
そういってもいいと思います。

近所のスーパー、商店、クリーニング屋、
ショッピングモールの各店舗、
大企業、中小企業のやっている商売。
何でもそうですね。

自分の目の前にある物を見てください。

なぜ、そこにそれがあるのですか?

欲しいと思ったから買ったんじゃないでしょうか?

自分が知らなかった物や気付かずにいることを
目の前に示されて、欲しくなった
というのも同じですが、
これは、アフィリエイトで良く経験することですね。

 

この商売の本質は、
オフライン、オンラインに関わらず、
全てのビジネスに当てはまります。

当然、物販、アフィリエイトなどの
ネットビジネスも同じです。

ネットビジネスをやっていると、
意外とこのことを忘れてしまって、
自分の思いつきや自己流で物事を進めて
失敗することが有ります。

 

もう一度言います。

「相手が欲しい(必要とする)物や情報を
提供することで対価を得る」

 

あなたがやっていることは、
「相手が欲しい(必要とする)物や情報」
ですか?

そういうリサーチもろくにせずに、
ただ機械的に作業をしているだけじゃないですか?

偉そうに言いましたが、
自分も、そんな状態に陥ることがあるので、
あなたにも気を付けて欲しいと思って言っています。

 

「相手が求めている物を目の前に差し出す」

当然売れますよね。

 

と言うことは、
買う人が何を求めているのかを、しっかりとリサーチしなきゃ
ダメということなんです。

機械的なリサーチじゃなく、
考えながらのリサーチですね。

物販にしろ、アフィリエイトにしろ、
この本質を忘れないようにしましょう。

関連記事:

コメントを残す