Amazon 家電品の輸入販売で気を付けること

pse

Amazonで海外の家電製品を売る
ときに気を付けておかないといけない
ことが有ります。

と言うか、
知らないと大変なことになる可能性があります。

もし、
その製品が原因で火事になった場合、
輸入業者としての責任が免れないからです。

なぜか?
 

その前に、PSE法って聞いたことが有りますか?

電気用品安全法のことで、日本の多くの家電製品はこの基準を
満たしたものでないと販売できません。

では、海外の家電製品はそのまま販売してもいいのか?

ダメです。

日本で売る場合は、PSEマークが必要となります。

その為、
経済産業省に届け出が必要です。
・事業者届出
・製品の基準適合試験、登録検査機関で試験してもらう
・自主検査
などですね。

 

先ほどの、万が一の事故の際ですが、

製造物責任法というのがあって、
この法律で、「製造業者等」とは、次のいずれかに該当する者をいう。
一  当該製造物を業として製造、加工又は輸入した者

とあります。

つまり、個人輸入で販売しても対象となるんですね。

個人業者で、会社でないときは、無限責任の対象と成るので、
場合によっては億単位の保障責任が降りかかります。
責任は100%自分が被るということ。

なので、
少なくとも有限責任にするためには
「会社」にする必要があります。

 

脅かすわけじゃありませんが、

何気なく海外製品を転売していますが、
こんな怖いことも起こりうるということは
考えておいてください。

その為の対策も必要ですね。

関連記事:

1件のトラックバック

コメントを残す