Amazon、ebay輸入の転送会社

tenso

米国のAmazonやebay、ネットショップ等
で購入した商品を日本に送る時、

出品者が直接日本に送付してくれれば、
いいのですが、

海外発送をしてくれない場合が多々あります。

そんな時に利用するのが、転送会社です。

有名なところでは、
日本人経営の「スピアネット」
http://www.spearnet-us.com/index.html

ですが、
手数料が少し高めなのと、
転送手続の方法がちょっと面倒ということで、

 

私は、MyUSという米国経営の転送会社を利用しています。
http://www.myus.com/

最近、送料も20%offの料金体系となったので、
安いと思いますし、転送手続も非常に簡単です。

ただし、
全て英語なので、英語が苦手な人には
最初のハードルが高いかもしれませんが、
慣れてしまえば問題ないと思います。

もう一つの欠点は、
梱包がラフなこと。
壊れやすい商品などは厳重梱包を依頼するなどの
必要があります。

 

転送会社を使わなくても済めば、
それに越したことはないのですが、
直接配送が可能な商品ばかりを扱っていると
勝負になりませんから、
どうしても転送会社は必要になってきます。

 

米国郵便発送の場合は、結構関税がかからないことが
多いですが、
Myusなどの転送会社を利用する場合に限らず、
DHLやFedexなどの運送会社を利用すると、
ほぼ間違いなく日本での通関で税金がかかってきます。

その場合、大抵は荷物の受け取り時に
関税、税金を支払うことになりすが、

これを事前にカード払いする方法があります。

この方法は以前の記事に書いてありますので、
そちらを参照してください。

関連記事:

コメントを残す